統合失調症

統合失調症は、こころや考えがまとまりづらくなってしまう病気です。そのため気分や行動、人間関係などに影響が出てきます。統合失調症には、健康なときにはなかった状態が表れる陽性症状と、健康なときにあったものが失われる陰性症状があります。
陽性症状の典型は、幻覚と妄想です。幻覚の中でも、周りの人には聞こえない声が聞こえる幻聴が多くみられます。陰性症状は、意欲の低下、感情表現が少なくなるなどがあります。
周囲から見ると、独り言を言っている、実際はないのに悪口を言われたなどの被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、人と関わらず一人でいることが多いなどのサインとして表れます。早く治療を始めるほど、回復も早いといわれています。統合失調症は、病識(自分が病気だという感覚)を持つことが難しいという特徴を持っているので、周囲が様子に気づいたときは早めに心療内科や精神科に相談することが大事です。
現在、日本での統合失調症の患者数は約80万人といわれています。また、世界各国の報告をまとめると、生涯のうちに統合失調症を発症する人は全体の人口の0.7%と推計されます。100人に1人弱。決して少なくない数字です。それだけ、統合失調症は身近な病気ということができます。

<統合失調症のサイン>
■いつも不安そうで、緊張している
■悪口をいわれた、いじめを受けたと訴えるが、現実には何も起きていない
■監視や盗聴を受けていると言うので調べたが、何も見つけられない
■ぶつぶつと独り言を言っている
■にやにや笑うことが多い
■命令する声が聞こえると言う
■話にまとまりがなく、何が言いたいのかわからない・相手の話の内容がつかめない
■作業のミスが多い
■打ち込んできた趣味、楽しみにしていたことに興味を示さなくなった
■人づきあいを避けて、引きこもるようになった
■何もせずにゴロゴロしている
■身なりにまったくかまわなくなり、入浴もしない
■感情の動きが少なくなる
■他人の感情や表情についての理解が苦手になる

<統合失調症の治療>
統合失調症の治療は、薬をつかった治療(薬物療法)と、心理教育(病気の知識などを身につけて対処法を学ぶ)、生活技能訓練(SST)、作業療法などがあります。治療によって急性期の激しい症状が治まると、その後は回復期となり、徐々に長期安定にいたるというのが一般的な経過です。ただ、症状がなくなったからといって自分だけの判断で中途半端な時期に薬をやめてしまうと、しばらくして再発してしまうことも多いので注意が必要です。医師などと相談しながら、気長に病気を管理していくことが大切です。

当サロンでは、周囲に統合失調症の方やそのような症状の方がおられてお悩みの方や、過去に通院されていた方に対するメンタルケアをさせていただいております。現在通院中の方につきましては、ご担当のお医者様にご相談いただき、了解をお取りいただくよう、お願いしております。