依存症(アルコール、ギャンブル、薬物、借金、恋愛、その他)

依存症にはさまざまな形態があります。アルコールや薬物、ニコチン、食事(拒食症、過食症)など、精神や身体に作用する物質に対する「物質への依存」、ギャンブル、借金、浪費、暴力など「過程への依存」、共依存、恋愛依存、セックス依存など「人間関係の依存」などがあります。

依存症の種類によって、それぞれ専門外来がございますが、共通しているのはメンタルケアの重要性です。当サロンでは、クライエント様のつらい気持ちに寄り添いながら、ゆっくりとお話を伺い、クライエント様の心を癒しながら、ご一緒によりよい方向性を見出していきたいと思います。また、依存症は、ご本人様にその症状の自覚が無い場合も多いと言われています。ご本人様以外にも、ご家族やお知り合い、ご友人の方からのご相談もお待ちしております。